バリ取り (松阪)

バリ取り

つばさ松阪で行っているバリ取りは現在、金属バリ取りになります。

金属バリ取りは、金属部品をドリルの穴あけ工程によって出来るバリ(金属片)を取ることです。
バリが出ている部位をバリ取り用ナイフで綺麗に取るのが仕事となります。
作業内容は、
 1、まず表面から出ているバリを落とします。
 2、そして軽く角の面取りを行います。
これらを繰り返すことで素手で持っても手が傷つかないようになります。
金属部品加工の最終段階とも言えます作業工程で大切な作業です。
少しでもバリが残っていると手が傷つく事がありますので検査もしっかり行っています。

貴方もわたし達とバリ取り作業を行って社会に貢献してみませんか。

バリ取り1 バリ取り2