ホームページ制作

ホームページ制作について

ホームページのお仕事と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?
「延々とパソコンに向かって、考え事をしていたり、なにやら難しい文字列や数列を打ち込んでいる」
そんな風に考えているかもしれません。
コーディング
それぞれ、
「デザイン」:受注先の要望や需要に基づいて、ページの構成や作りを設計する
「コーディング」:ホームページを設計に準じて機械言語で記述していく
といって、コンピューターを使うお仕事にはよくある、とても重要な部分です。
コーディングをするには、専門のソフト(WordPress,DreamWeaverなど)や知識(HTML,CSS,Java,PHP…)を必要とし、
デザインはそれこそ、紙と鉛筆があれば出来ますが、一般的にコーディングの経験がある人が行います。

ビジュアル
一方で、
「ビジュアル」:ロゴ,イラストの作成や、画像素材の撮影や加工
「ライティング」:文章の作成や校正、書き直し及び編集
といった仕事もかなりの割合を占めていて、
運営を任された場合は、こうした作業が大半を占めるといってもいいです。

そして、ただ作っただけのサイトでは、誰も見てくれないですし、作った人以外には触れないので、
「最適化」:サイトが軽快に動くように、改めて設定する
「SEO対策」:検索エンジン(Googleなど)に検索されやすくなる工夫をする
「納品」:受注先が自前で運営するときは、運営しやすいような基本形とマニュアルを作る
を行って、完成となります。

タブレット

近年では、様々な機器の普及によって、
パソコンからでも、スマートフォンやタブレットからでも見られるページの需要が高まっています。
世界標準のソフトを使って、あなたも一歩目を踏み出してみませんか?