障がい者就労継続支援A型事業とは

就労継続支援事業とは

通常の事業所に雇用されることが難しい、65歳未満の障がい者の方に対して、
就労とその他の活動の機会を提供し、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う事業のことを言います。
雇用契約を結んで利用する「A型」と雇用契約を結ばないで利用する「B型」とがあります。

就労継続支援A型とは

就労継続支援A型事業のもっとも大きな特徴は、「雇用契約を結ぶ」という点です。
雇用契約を結ぶことによって、雇用保険に加入することが出来、最低賃金も保証されます。
もちろん雇用契約ですから、契約に従って業務がこなせるか?ということも重要で、
少なくとも賃金が支払える分、ひいては、一般就労に対応できるくらいの、業務をこなすこと、
知識や能力を身につけることが求められます。
A型事業所については、そうした「一般就労を目指す訓練の場」であると同時に、
利用期間が定められていない「終の職場」でもあり
つばさでは、利用者ひとりひとりのスタンスに応じた支援を心がけています。

A型事業所は、事情があり一般の職場を離れた方と
福祉事業を通じて就労に近づけてきた方との接点となっていて、
働くことを通じた自己実現、一般就労への道筋を
自らの障がいに対するケアがなされた上でゆっくりと歩んでいける場所であり、
利用者の方にとって、大切な役割を果たしています。